talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

【1/6FIREARMS】中途半端なショットガンコレクション。


Category: ■12inch FIGURE■ > 1/6 FIREARMS/EQUIPMENT   Tags: ---
※一度完成した記事が消えてしまい、モチベーション急落しながらの再編集版です。
部分的に(全体的に?)テンションが低めになるかと思いますが、何卒ご了承下さい。
(投稿する際に再びログインが要求され、ログインし直したら全て消えていました:)

というわけで、1/6ショットガン特集です。新旧入り混ざっていますが、古い銃器に破損や紛失があり実に中途半端な内容となっております。

まず、鉄砲の類にご興味の無い方もいらっしゃるかと思うので、

【念のため】
ショットガン(散弾銃)は小さな弾丸を一度に発射する銃器で、元々は主に狩猟用。
散弾にも鳥打ち、鹿打ち等の種類がある他、単発のスラッグ弾、
殺傷力の低いゴム弾など、用途ごとに使用できる銃弾の種類が多くあります。
散弾は射程距離や精度には劣るため、軍用としてはあまり一般的ではありませんが、
突入任務の際、ドアの蝶番を破壊して侵入するために用いられる事もあり、
(どんなドアも開けられる事から『マスターキー』と呼ばれます)
アメリカの警察系機関では鎮圧用のライアットガンとして、ごくごく一般的に携行されます。

■M870

ポンプアクションショットガンの代名詞的な存在、写真はピストルグリップ&ショートバレル仕様ですが、本来はストック付の長物です。
ポンプアクション式はバレル下のフォアエンドを前後させる事で排莢・装填が可能なタイプ、シンプルな構造から故障が少ないのが大きな利点になります。

写真上はフォアエンドにグリップの付いたカスタム仕様。(ミニチュアモデルは21stCenturyToys製)
写真下はアサルトライフルなどのバレル下に追加装備するアンダーバレルタイプ。(ミニチュアモデルはドラゴン社製、元々はスタンドアローン型になっていたモノだと思います)


■HK502

ヘッケラー&コッホのセミオートショットガン。(ミニチュアはドラゴン社製)
外観はポンプアクションショットガン風ですが、フォアエンドが可動しないのでセミオート限定っぽいですね。(詳しくはよく判らないのですが、何故か我が家には複数あります:)
※セミオートのショットガンは引き金を引くだけで排莢と装填が行われるので、即座に次の発砲に移る事が出来ます。

■SPAS12

映画「ターミネーター」で一躍有名になったフランキ社のセミオートショットガン。SPAS12はポンプアクションでも排莢・装填が可能になっています。
近未来的なルックスが人気ですが、12インチフィギュア的にはタカラのクールガールに標準装備されたため、全く有り難みのない存在でした:)(スコーピオンも同様ですね、もうイラネ的な:)

■Benelli M3

イタリア、ベネリ社のセミオートショットガン。こちらもポンプアクションでの射撃可になっています。
アメリカの警察、SWATに採用されており、流通している量も多いそうです。(ミニチュアモデルはドラゴン社製)

■Benelli M4/M1014

同じくベネリ社のセミオートショットガン。アメリカ軍の要請によるトライアルを勝ち抜き、米軍海兵隊にM1014として採用されています。
ミニチュアはホットトイズのModernFireArmsにラインナップされていたモノ。質感表現は流石ですね。同シリーズの再開熱望です!

■水平2連ショットガン(ソウドオフ)

(写真のミニチュアは21stCenturyToys製)
映画マッドマックスに登場し、以降のアクション映画や漫画、テレビゲームに影響を及ぼしたエポックメイキングな銃器...なんだけど、映画的なオリジナルは77年のイタリア西部劇『ケオマ(邦題ケオマ・ザ・リベンジャー)』。

ソウドオフ(SAWED OFF)というのは、元々のバレル、ストックをノコギリで切り詰めるカスタムで、ショットガンの場合、携行性が高まるのと同時に、バレル先端にある集弾性を高める箇所(チョーク)を切除してしまうため、広範囲に着弾するようになります。

ただし、この水平2連タイプは排莢・装填のたびに中折れ機構を開いて、手動でシェルを込め直さなくてはならないので銃撃戦には明らかに不向きデス。
西部劇のケオマであれば納得ですが、近未来でコレを使っているのはちょっとアレかなあ?という気もします。カッコ良いんですけどね:)

写真上は映画バイオハザードで主人公アリスが使用していたモノ。(ミニチュアモデルはホットトイズ製)。
他にもZCWOが同タイプのショットガンをミニチュア可していますが、かなりオーバースケールなんですよね。。。

■ウィンチェスター M1887(ソウドオフ)

こちらは古風なレバーアクションショットガン。(1887年製とか)
映画ターミネーター2にこのソウドオフ仕様が登場し人気急上昇したそうで。装弾数5発なので、先ほどの水平2連よりは幾分実戦的かな?写真のミニチュアは21st、今ならホットトイズのT-800付属品のほうがずっと良い出来でしょうね:)

■MPS AA-12

米国製のフルオートショットガン。引き金を引きっぱなしにするコトで散弾を連射出来るという恐ろしい銃器ですが、幸い12ゲージのシェルは相応の大きさがあるので、装弾数はあまり多くありません。...それでも火力は相当だと思いますが(汗
(写真のミニチュアはノンブランド品。ホットトイズのロイス/プレデターズに付属していたAA-12のコピー品なのかな?)

■RDI ストライカー12

こちらは回転弾倉型のショットガン。ミニチュアモデルは21st、元々可動式ストックが付いていたハズですが、紛失してしまいました(大汗
南アフリカ軍、イスラエル軍では正式採用されているそうです。

というわけで、アレコレ発掘したモノを並べてみました。
(ホットトイズのシェバにイサカM37も付属してましたね、忘れてました)

振り返ると、やっぱりそこに21stCenturyToys。
今時のクオリティで、その座を埋めてくれるメーカーが
出てきてくれるコトを切望します。

※記事中、間違いがありましたら是非ご指摘お願い致します。



文章と画像
GS

背景に使っているガンラックはSOLDIERSTORY製。
不都合もありつつ気に入っています。


関連記事

web拍手 by FC2

Comments

Leave a Comment



 
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール
gunshrimp プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター