FC2ブログ

talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

Canon PowerShot G12。【5】(※昆虫注意)


Category: ■写真■ > 撮影機材   Tags: ---
沢山のアクセスを頂いてしまい、己の力不足に情けない思いもさせられたG12のレビュー記事から一ヶ月。我が家のG12がどうしているかというと、
Canon PowerShot G12
フィルタアダプターとクローズアップレンズを装備しております。
(アダプター:純正FA-DC58B レンズ:Kenko PRO1D CLOSE-UP No.3 58mm)
これが割と微妙な具合で。

端的に言えば『なかなか面倒臭い』。

撮れる画はこんな感じ。

(クリックで等倍画像)
※ズーム15mm域、KenkoクローズアップレンズNo.3、最短撮影距離付近
RAW撮影→DPP現像(jpeg画質10。NR:オフ、シャープネス:5、
ピクチャースタイル:スタンダード

15mm域ではF値が開放でも3.5、しかもコンパクト機ならではのピントの深さも相まって、ボケが少々煩い感もありますが、コンパクト機でここまで撮れれば文句ないように思います。
一眼でここまで深く撮るには結構絞り込む必要があるので、逆手に取れば容易にピントの深いマクロ撮影が可能、と。
(といっても深さに中途半端な限度があり、一眼のように思いっきり深くする事も出来ません)

※クローズアップレンズNo.3、細かく検証していないので、雰囲気ですが本体のみだとテレ端で30cmまでしか寄れないのが20cmくらいまで寄れるようになる、といった感覚です。
実際にはテレ端で使うよりも本体のみで20cmまで寄れる辺りのズーム域で使うのがベターかと思われます。

で、なにが『なかなか面倒臭い』のかというと。。。

まず物理的に面倒臭い。一般的な使い方としてはアダプターは常時装着しておき、接写時にクローズアップレンズを装着、という段取りかと思いますが、これがもう面倒臭い。クルクルねじっている間にシャッターチャンスを逃しかねないというのも大きなマイナス要素。
(元々一眼レフでもこの手間が嫌でフィルターは殆ど使いません)

というわけでアダプター+クローズアップレンズをセットにし、接写時にレンズ交換のようにアダプターを装着。
これならクルクル回す手間は省けるので、導入時からこれで行こう、と。

ただ、これはこれで問題があり、アダプターにはキャップが存在せず、前面は市販のレンズキャップで保護出来ますが後面は完全に無防備なため、
持ち運んでいる間、後面からチリ、ホコリ、糸くず等が入り込み易い状態に。
何かちょうど良いポーチでも欲しいところですが、そうなるとポーチから出す、装着する、レンズキャップを外す、と手間が増えてしまいます。

(クリックで等倍画像)
そんな訳で昆虫散策の際にはデフォルトが『アダプター+クローズアップレンズ装備』、
遠景やスナップ撮影時にはアダプターごと外す、という運用方法で一段落ですが、結局面倒臭い感は否めません。

そして、ピント合わせも面倒臭い。
元々、G12は望遠域での接写時、AFが迷う事が非常に多く、ここにクローズアップレンズが加わる事でAFの挙動が更に怪しくなり...。
というわけでMFの出番ですが、これはこれで結構面倒臭い。構図、ピント位置を決めてMFの拡大表示を見ながらダイヤルをクルクルクルクル...(セーフティMFも邪魔なのでオフ推奨です)

(クリックで等倍画像)
この面倒臭い加減を加味して考えると、一眼レフ+マクロレンズの代わりとしては、少々使い勝手が悪い印象ではありますが、以前から書いている通り『一眼レフには抵抗がある』方にとっては、「G12+クローズアップレンズ」というのも一つ面白い選択肢ではあると思います。

もう一つ。一眼レフと比べてしまうとレスポンス面でも大きく劣るので、決して『自然写真向き』ではなく、今回の撮影でも『...一眼より遥かに難しい』と痛感。


(クリックで等倍画像、クローズアップレンズではありません)
今回掲載分の撮影時、G12のみで出かけてみたのですが、いやいや軽装感が嬉しいですね:)
普段は大型カメラバッグにデジタル一眼レフ、レンズ5~6本にアングルファインダーと重装備なので、コンパクトカメラ一台だけの散策が非常~に軽快でした。

...が!

すごく保ちが良いと思っていたバッテリー、G12のみで撮影しまくっていたらあっさり終了(涙
G12一台体制で散策する際にはスペアバッテリ必須ですね。
(「保ちが良い」と思っていたのはあくまでサブカメラとして、あまり使っていないからだったのかも)

以上、相変わらず中途半端感の漂うG12レポート記事でした。



文章と画像
GS
レンズアダプター、カメラ本体のズーム機構への負荷、
悪影響の懸念も囁かれているようですが、
確かに影響は『ゼロ』ではないだろうと思います。
それに関してはあまり気になりませんが、
それより何より『ちょっと面倒臭いなあ』と。

関連記事

web拍手 by FC2

Comments

なるほど~! 
抜き差しが面倒くさいンですね~。
以前にコメントでも書かせてもらいましたが
G10、屋内プレモ撮影の際、も少し寄れれば…と
思っていたので、実はここ1週間ほど
アダプター+クローズアップレンズを物色していたトコロなんです(笑)
純正は高いけどケンコーのならダメ元で買っても良いかなぁ…
なんて思っていたところへ、このGSさんの記事が…
まさにネ申タイミング!(笑)
大変、参考になりました!

でもアダプターの“ケツ”キャップは欲しいところですよね(^_^;)
 
オススメです 
>マシクフさん
コメント有り難うございます、
タイミング良かったようで何よりです:)

アダプターは新しい純正のFA-DC58B、
クローズアップレンズはKenkoのPRO1D CLOSE-UP No.3の58mm、
この組合せが良い感じです。
G10でも試してみましたが、全く問題ナシです。

※アダプターは記事にも書いた通り、本体のズーム機構に若干負荷がかかります。

廉価品のクローズアップレンズは光学劣化が見て取れるレベルだったので、どうせなら!とPRO1Dにしてみましたが、
これなら劣化も最小限に抑えられてパッと見では判らないと思います。

屋内静物撮り専用的なポジションであれば、アダプターごと付けっぱなしで特に問題ナシですが、
脱着は面倒ですね。本体側のリングもあるし...。

ホント、ケツ側キャップが欲しいですね
なにか丁度良いモノは無いか、とアレコレ押し込んでみています:)
 

Leave a Comment



 
08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07

09


 
プロフィール
プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
カテゴリ
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター