FC2ブログ

talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

VL-300C ※スペック情報追加9/9


Category: ■写真■ > 撮影機材   Tags: ---
LPL VL-300C
というわけで、我が家で今話題のLPL VL-300C
昆虫NGだけどLEDライトには興味がある、という方もいらっしゃるかもしれないので、昆虫撮影サンプルとは別に紹介記事を掲載させて頂きます。


ちなみにVL-300とVL-300Cの違いは最大光量の差と、調光機能の有無、雲台の有無。
実売で1500円程度しか変わらないので、今買うならVL-300C一択でしょう。

※VL-300は安いショップでは1万円を切っており、300Cとは5000円近く差がありました
光量と調光機能、角度調整用の雲台が不要であれば旧型でも良いのかもしれません。

『ライトパネルズマイクロ』やコメットの『SOFT7』、FLOLIGHT MICROなど、4万円前後の高価な機種は確かに高性能ですが、今回は「虫撮り」用なので、実売1.5万円程度のVL-300Cを選択。
造りが如何にも廉価品ですが、実用度では特に問題ナシ。
『付属雲台のヘナヘナ加減』は頂けませんが。。。


G10のアクセサリシューに乗せるとこんな感じ。単三電池4本を含め、重量250gあるのでコンパクトカメラで使う場合はブラケットで側面に装着するのがベター。


同時に購入してみたLPLのユニバーサルブラケットUB-90(実売1000円前後)。もう少し長いブラケットにすれば良かったかな、というのが正直なところ。
横位置で撮る事が多い方なら、ブラケットは同時に購入したほうが良いかと思います。


一眼レフ機で真横だとストラップ部分にギリギリ接触してしまいますが、軽く前に出してやれば問題ナシ。
この位置ならレンズ操作にもなんら影響ありません。
こうなってくると反対側にももう1セット装着してみたい欲求がメラメラと。。。:)


三脚用の小ネジが切ってあるので、

この手もアリですね。テーブルトップ撮影の補助光としても充分使えるレベルです。


色温度は6300K、付属のフィルタ装着で4000Kに変換可。

調光範囲 :100から0%連続
点灯時間 :約90分 (調光MAX時)
照 度 :約1800Lx中心/50cm(色温度変換フィルター装着時 約1500Lx)
絞 値 :(ISO400・1/30):f8 +1/2 (50cm)参考
ライト全長 :120(W)×43(D)×100(H)mm
重 量 :約250g(バッテリー含)

...との事です。


実際に屋外撮影で使ってみて気づいた点などを幾つか。

『LED照明は思ったよりも直進性が強い』
もう少し拡散傾向かと思っていましたが、アクセサリシューに垂直に乗せて接写に使おうとすると被写体の上方を照らしてしまい、意味を成しません。後述の「付属雲台のヘタり感」は、もしかするとこの角度微調整のための仕様なのかもしれませんね。

『調光機能がなかなかの優れモノ』
4万円前後の高級機種よりも、調光に関しては優れており、MIN~MAXまでかなり細かく調光可能。
接写時のフル発光はかなりコントラストがキツくなるため、細かく調整出来る仕様は非常に重宝します。

『付属雲台の固定が弱い』
垂直に立てた状態でカメラに乗せたまま暫く移動していると、自重で完全にオジギしてしまっていました。
(ネジをかなりキツく締めた状態でも、割と簡単に動いてしまいます。)
これが個体差なのか、仕様なのか、早速ヘタっただけなのか、判断しかねますが
中途半端な角度でも、短い間はそこで固定されているので実際の使用には特に問題がありません。
その意味では、微調整はし易いので仕様なのかな...という気も。


定常光の大きなメリットは、勿論「常時照らせる」こと。
瞬間光であるストロボは光量こそ大きいものの、その瞬間しか明るくならないため暗い場所でのピント合わせが困難な上、ある程度熟練していないと『思ったように』使えませんが、
定常光であれば陰影などの効果を常時確認する事が出来、ピント合わせも幾らか容易になるため、ストロボよりも扱いが遥かに簡単です。
また、ストロボには出来ない「動画撮影での使用」も大きな利点。(本製品もどちらかと言えば『ビデオカメラ用』の部類に入るものと思います)


殆ど真っ暗な部屋でVL-300Cのみで撮影。(カメラ上部から照射)


カメラから外し、左上やや遠目から照射。


とりあえず昆虫撮影用としては充分機能しますし、テーブルトップ撮影での補助光としても優れた調光機能と相まって重宝しそうです。
個人的にはもう少し拡散傾向の光が欲しいので、1枚フィルタを噛ませる等、何か工夫をしてみたいと思います。



文章と画像
GS

...長い割に余りご参考頂けるような記事になりませんでした(反省)

関連記事

web拍手 by FC2

Comments

Leave a Comment



 
08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07

09


 
プロフィール
プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
カテゴリ
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター