FC2ブログ

talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

というわけで新型100マクロ。(Canon EF 100mm L MACRO)


Category: ■写真■ > 撮影機材   Tags: ---
当初、「IS登載っても、まあ買い替える程じゃないだろうな」と
思っていた新型100マクロ。

基本的にレビューはあまりアテにしない主義、
とりあえず某所でチャート撮影比較を確認してみたところ、



「ああ、ヤバいねコレ」

周辺の描写がズバ抜けていました。
開放からキレも良く繊細、加えてIS登載、という事で

「導入決定!」

■質感
実際、手にしてみると、最近のLレンズらしい高級感。
ピントリングのトルクもしっかり手に馴染みます。

三脚座に関しては、旧型の三脚座が使えるものと思っていたら
専用だったので慌てて翌日買いに走りました。
流石に専用なのでこちらもかなり良好。旧型の動きの悪さはなんだったのか...。

純正100マクロの大きな魅力の一つが「中望遠なのに三脚座対応」、
縦位置写真が圧倒的に多い自分にとっては、
もうコレだけでも100マクロを選択する理由として充分だったり。

■Auto Focus
AFはあまり使わないので、あまり興味がありませんが
試してみたところ、メチャ速い。
物凄い勢いで行ったり来たりして「スミマセン、ダメでした」とか:)
ま、あんまり使わないのでご愛嬌、で。

AFを多用する方はリミッターを上手く活用する必要がありそうです。
一度掴まえてしまえば、AIサーボを応用した親指フォーカスも順調です。

なお、これを新型100マクロの特権だと思っている人もいるようですが、
そんなことはどのAFレンズでも可能なので、あしからず。

■IMAGE STABILIZER
花、昆虫といったフィールドでのマクロ撮影が一変するだろうな、と
本気で思うくらい止まります。
アングルファインダー使用、垣根の暗がりに咲くスミレを
1/25で撮ってみました。

(↑ピクセル等倍)
まあ流石にブレは見受けられますが
かなり珍妙なポジションで100mm、1/25、接写、で
コレなら充分な成果でしょう。

といって、調子に乗っていたら1/40くらいでブレた写真もあったので
まあ過信は禁物です。

ネイチャーマクロフォトでは、
自分の位置はもう限界、あとは腕とカメラだけを伸ばして...なんて
シチュエーションもありますが、そんな時もISは圧倒的に有効。
しかも今ではライブビューがあるので、
離れた位置からファインダーを凝視して構図を...なんて離れ業も要らず。

...ま、ちょっと寂しくもありますね:)

手持ちである程度絞る事も出来るので幅が広がるのは確実!
...ですが調子に乗ってスローシャッターを切っていたら

「余裕で動体ブレ」

なんてケースを避けるためにも
感度アップも含めて、最適なシャッタースピードを確保する判断力は
当然必要です。

■解像力
「シャープすぎるから要らない」という声もあるようです。
確かにコレでもか!ってくらいシャープ兄弟。





...キレキレ。

ネイチャーマクロフォトに於いて解像力が有り過ぎて困るなんてコトは
まず有り得ないだろうし、
もう一つ、このキレの恩恵により「どアンダーな写真にも吉」。

アンダーな写真はどうしても暗部ノイズが目立ってしまい
ノイズリダクション(以下NR)をかけたくなりますが、
当然NRをかければトレードオフ的に解像感が奪われてしまうのが実情。

ところが100Lはやや過剰な迄にエッジが効いているので、むしろ

「NRをキッチリ施す事でノイズレスかつ既存レンズクラスの解像感」

ここを目指して設計されているんじゃないか、とも思えます。
とにかくアンダーな写真が多い自分には、とてつもなく大きな恩恵。

■ボケ
ボケ具合をTAMRON90mmと比較...
といっても焦点距離が違うので、比較するのは少し難しいですね。

F2.8



F4




【結論】
TAMRON 272E、安いのにホントいいレンズだなあ...



文章と画像
GS
まだ昆虫撮影には少し時期が早いですが、
フィールド散策が楽しみになる良レンズです、新型100マクロ。
勿論スタジオ静物撮りも、既にこのレンズがメインです。
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

Leave a Comment



 
09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

08

10


 
プロフィール
プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
カテゴリ
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター