FC2ブログ

talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

CanonG10 Final Impression【2】。


Category: ■写真■ > 撮影機材   Tags: ---

前回、ざっくりG10を眺めてみたので
今回もざっくり。

購入してすぐ、日頃お世話になっているデザイナーさんから
「...コレはなにがいいの?」
と単刀直入に訪ねられて返答に窮したんですが、
それがG10の特性を如実に表しているんじゃないかと。

なにか突出した性能(売り)がある訳ではない。

前の記事に記載した通り、
「結果的に夜景スナップに適している」
みたいな部分はあれど、
ワイド端28mmというのは、今では中途半端さが否めないし
テレ端も140mmと微妙な数値。
G9なら「コンパクトボディなのにテレ端200mm!」
なんて謳い文句も成立していたんだけども。

「突出した性能はないけど、コンパクト機としては高画質で写真的な描写」

画質に関してはPanasonicのLX3に軍配、にも見えますが(汗
もう一つ、G10の大きな強みが

「使っていてストレスが非常に少ない」



RAW+jpgでも書き込みに待たされる事もなく
別途レンズキャップが必要な訳でもなく、
利便性重視の操作系も流石Canon。
バッテリーの保ちも非常に良く、高いスペアバッテリーを
購入した意味があったのかどうか...。

カスタム設定を2つ保存出来たり
左肩のボタンにホワイトバランス変更を割り当てられたり、
本当に至れり尽くせり。

逆に、ストレスになる部分は
「左肩の露出ダイヤル」
「標準、テレ域の最短撮影距離の長さ」
「AF方式変更がやや不便」の3点くらい。

露出ダイヤルは賛否あるだろうから良いとして、
マクロ撮影の際、やや不便な印象はG9と同等。

こういうコンパクト機の使い道を考えると
やっぱり気軽なスナップと「テーブルフォト」だと思うので
もう少しマクロ撮影に特化したレンズ構成に出来ないもんかなあ、と。
広角端で1cmまで寄れるなんて、実際には殆ど意味がない訳で
標準域~望遠域で何処まで寄れるか!みたいな部分にも
注力して欲しいなあ、とつくづく思います。

AFフレーム変更は、顔優先、オート、測距点選択の3つの方式を
G9ではメニューを出さずに変更出来たのが
G10ではメニュー画面のタブから選択しないと変更出来ない。
(顔優先はボタン一つで出せます)
コンパクト機の測距点選択は、チャチャっと撮りたい瞬間に
結構煩わしいので、サクッとオートへ切り替えがしたかったなあ、と。


メニュー操作は実に快適。

【で、ボク的使い道】

G9導入時、周囲から「一眼使ってるのに、それ要るの?」
と散々言われましたし、
自分でも「一眼で撮っておけば良かった...」と後悔する
シチュエーションが容易に想像出来てしまい、
「さて」と思った時期もありましたが:)
やっぱりコンパクトカメラは便利。

「お!」と思っても、カメラバッグから一眼機を引きずり出すほどの
写欲はない瞬間、ウェストバッグからG10を引き抜いてパチッ。
G10にはカスタム設定が2種保存出来るので、

C1「ワイド端F4、マニュアルフォーカスで2m先にピン」
カッチリ計算してませんが、これで1mくらいから先、
パンフォーカスなのでピント合わせ無用。

C2「35mm換算の50mm域、F5.6」
標準域スナップ用、こっちはAFオート。

ワイド端は、広角側を活かしてお手軽パンフォーカス。
50mm弱域は、いわゆる標準域。
マクロに切り替えた際にレンズ先5cmまで寄れる限界域でもあるので
AFをチャチャッとマクロに切り替えれば、
接写でもいい感じに使える仕様になります。


このくらいなら実に簡単に撮れます。
マクロではボケ具合も自然でいい感じ。

なお、絞りはF5.6くらいまでがベター、
それ以上絞ると解像力が落ちる印象です。
コンパクト機はピントが深いので、風景で絞る必要はないんですが
マクロ撮影では「もうちょっと絞りたい...」と思う場面もシバシバ。

【更に希望する】

AiAF(カメラ判断のオートフォーカス)を使っていて
ちょっと気になったのがマクロでのAFの挙動。
半押し→離す→半押しを繰り返していると
カメラの判断する測距点(ピント位置)が結構コロコロ変わります。

「いや、そこじゃなくて。うん、そっち。あれまた変わった」

と、カメラの判断を試している内に
「そうか。コレを操作できたら便利だ。」

半押ししながらダイヤルを回す事で、
カメラ判断の測距点候補を選べたら絶対便利だと思う。
有り得ないトコにはピントがいかない優秀さも活かせるし、
手動で測距点を動かすより遥かに効率的。

よし、コレで是非。
(ここでブツブツ言ってて採用される可能性は限りなくゼロに近い)



と、そんな訳で。

2009年5月現在、4万円を切った値段で買えてしまうので
コストパフォーマンス的にも相当お買い得。
4万弱で、このクオリティって逆にどうなんだ?ってくらい。
カメラ自体の造りも「チャチ」からは程遠く、
本当にシッカリした造りだし、かなりハードに使っていますが
壊れる気配もなく、動作も安定。

Canonの外部ストロボや同社RAW現像ソフトがそのまま使えるのも吉。

「特に大きな不満のないカメラ」
というのがボクの最終的結論。

スッゴい地味な結論でスミマセン:)



文章と画像
GS
Canon派でなければ、PanasonicのLX3も本当に面白そうなんだけど
光学ファインダー無し、レンズキャップ式って2点が
ちょっと残念賞。
しかも実売G10より高いし。
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

ボクもまだ 
使い切れてないなあ...と。
まずはカスタム登録お疲れ様です:)

撮り貯まってしまったCollection用の写真を
チェックしていて、
同じG10で同じISO設定なのに
妙にノイズが目立って粗めに見える写真と
スッキリ撮れてる写真があって
「露光時間の差か?」
自分もまだG10の性能、性質を
引き出しきれていない感があるので
また随時報告記事を掲載させて頂きます。
 
カスタム登録 
おぉ~!出来ました!(笑)
ありがとうございます~。

操作系統の違いにはなかなか慣れないけれど、
(そもそもそんなに仕事場で遊ぶ機会が無くなってきたので…)
なんとか使いこなしたいと思います(^_^;)
 
C1とC2 
マシクフさん、どうもです!

焦点距離、保存形式、AF方式、AvないしはTvなど、
その時点での設定をMENUタブの一番下にある
「カスタム登録」でC1かC2に保存、で
殆ど全て保存出来てしまいます。
(ダイヤルになってるISOと露出補正は記憶しないようです)

解像力、現行のコンパクト機(DP1は別として)ではピカイチ、と言われていますが
やっぱりノイズが乗ってくる分、
一眼と比較しちゃうとキビシくもありますね。
絞り過ぎなければ、「まずまず」かと。

なんだけど、マクロ撮影だと絞りたくなりますよね...。
F8に至ると、旧機種?なくらい解像力が落ちる感じがするので、なんとかF5.6辺りで!

そうなんですよねデジタル機器。
フィルムだったらこんな思いしなくて済むなあ...と
本気で1V-HSとか中古で探しかけましたが:)
逆に「...贅沢品かな」と頓挫。

KISS X3、良さそうですね
現行1Dでさえ、色んな部分で負けてる辺りも
デジタル機器の宿命ですね(涙
 
実に… 
G10を使い始めたばかりの自分にとって、実に参考になります。
設定、保存出来たンだ…(笑)
あんまりマニュアル読まないので、EOSとの操作系統の違いにとまどいながらも、何とか玩具撮影に使っていますが、そっか、絞りすぎたらダメなんだ…。
ついつい一眼の癖で三脚立てて絞り込んじゃうので…。それで解像度が今ひとつに見えたのかな…。

しかしデジタルは新しいのを使い始めると、途端に古い機種の起動や書き込みが遅く感じ出しますよね(^_^;)
Kissも新しくしたくなってきました…しばらくは無理っぽいけど(笑)
 

Leave a Comment



 
11 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

10

12


 
プロフィール
プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
カテゴリ
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター