FC2ブログ

talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

庭先だより〜春の知らせ2020〜


Category: 園芸関連 > ほのゆるい園芸   Tags: ---
※備忘録寄りの記事のため、別段面白くない写真、駄文が「延々と」続きます。予めご了承下さい。

■椿。

(クリックで拡大です)
今年は椿が良く咲く年のようで、ご近所の椿も大盛況。昨年『邪魔っぽいトコだけテキトーに』剪定した我が家の椿も多分にもれず、ポコポコ咲き続けています。
レンズは『毎年、春になると出番の多い』フォクトレンダーノクトン25mm。

今年も庭の全4種、白、桃色、赤白、赤の椿がそれぞれ咲いていますが、花が大きい上にポジション的に『抜けが隣ん家の壁』になってしまうので写真にするのが非常に難しく、とりあえず比較的撮りやすい桃色だけパチクリパチクリ。

(クリックで拡大です)
コチラはオリンパス純正60マクロ。こういう写真ならマイクロフォーサーズ(以下m4/3)特有の『画の余裕の無さ』もそれほど気になりません。

ピンクの椿はまだまだポコポコ咲きそうなので、引き続き偵察対象ですが、やや先行して咲き始めた白と赤はもう開花期終了ムードです。

■ボケ(木瓜)

一度に開花してくれたら綺麗だと思うんだけど、今年もポロポロ咲きな木瓜。
(去年、巨大な実が成り『なんだか不気味な巨大梅がある!!』と怯えてKに報告したら、単に木瓜の実でした:)

■コブシ咲く。

(クリックで拡大です)
この春の大きなトピックだった『コブシ開花』。隔年咲きになってしまっているらしい上に、咲こうとしてもヒヨドリの襲撃で開花に至らないコトが多いそうで。(よく見てなかったので全然知りませんでした:)
無事の開花は喜ばしい限りですが、一方で『ヒヨドリ減った?』という疑念も。少なくとも今シーズンは『ヒヨドリうるさいなあ』と思わないままです。減った???

■トサミズキ(土佐水木)

『変なのがたくさん咲いてる(汗』と、遠巻きに眺めていたこの花。なんと行きつけ(?)の花屋でも売っていて『なんなのコレ!ウチにも売るほどあるよ!』:)
Kが確認したところ『トサミズキ』でした。

(クリックで拡大です)
咲き始めはメジロが嬉々として突いていましたが、今では終わりかけの寂しい佇まい。来年はメジロonトサミズキが撮れるかな?と、少し楽しみにしています。

■今年の一大勢力『カタバミ』

(クリックで拡大です)
庭の至るところに出現したカタバミ、これはホント驚きました。(昨年の夏、Kが全部引き抜いたらまさかの逆襲)
春先に『うわ!増えた!』と思いつつ、ちょっと油断していたらビロビロ伸び放題。。。

(クリックで拡大です)
この時点で制御に動けば間に合ったかも。。。とりあえず開花期が終わったら一気に制御したいと思います。判ってはいたものの、やっぱり伸びますねカタバミ。

■ハコベ

(クリックで拡大です)
地道に自生しているハコベも咲き始めています。ちょこちょこ点在しているくらいなら可愛いんですけどね。

■第二勢力、ハナニラ

椿同様、ご近所でも咲き誇っているのがハナニラ。近くの遊歩道でも咲き放題、我が家でも咲き放題。

(クリックで拡大です)
遊歩道で見る限り、真っ白、色つき濃&淡の三種類あるようですが、我が家は白ばっかり!
一輪だけ、ちょっと色のある花が咲いていますが、ホントにこの一輪だけ。。。

(クリックで拡大です)

■シラユキゲシ(白雪芥子)

昨年、表面上は『全て撤去』したシラユキゲシですが、実際には『根絶不可』と言っても過言ではありません:)
予想通り今年もニョキニョキ伸び、徐々に開花も始まっております。
花はホント可愛いし大きな葉も嫌いじゃないんですが、夏場になると一斉に倒れて見栄えが悪すぎる上、軌道に乗ってしまうともう『何処からでも生えてくる』ので管理が大変すぎます。今年も引き抜き大会しなくちゃだなあ。。。
カタバミとシラユキゲシはホント厄介な植物、根付いてしまったら根絶は難しいと思います。

■オオイヌノフグリも開花!!!

(クリックで拡大です)
これは嬉しい開花でしたオオイヌノフグリ!...よくある雑草なので、本来なら喜ぶほどのコトじゃないんですが、コレは昨年の春にKと河川敷で採取してきた種が芽吹いたモノなのです。(位置的にカタバミに覆われそうなポジションなのでカタバミを整理しなくては!!)
庭先チェックの度、『また咲いた!』と大喜び、これはホント嬉しい春の知らせとなりました:)

■ホトトギス、エリア拡大中!!

(クリックで拡大です)
これも順調な春の知らせ。ホトトギスが少しづつエリア拡大、これは今年の晩夏が楽しみデス!(ホトトギスの任務はホウジャク&ルリタテハ誘致)

ちなみに、上の写真もフォクトレンダーノクトン25mm。いつもの開放なので、描写も甘々ですが、この1〜2mくらいでの開放こそノクトン25mmの醍醐味。とてもじゃないけど『高性能』とは言い難い上に重いMFレンズですが、こういう風情のあるレンズはm4/3では他にない(少なくとも手元には)ので、使用頻度が再び上昇中です。

■根付いたギボウシ!(多分

(クリックで拡大です)
昨年、行きつけの花屋さんで購入したギボウシ、開花期の終盤に買ってしまったのでアッサリ終了。そのまま忘れていましたが、ギボウシを植えていた三箇所全てから芽が出てきました!(嬉

といえば、やはり購入タイミングが悪く開花に至らなかったエビネからも新しい芽が出てきたので今年は咲くかな!とワクワク眺めています。

一方で、丈夫なハズのアジュガが枯れたのちに消失したり(汗)、マツバギクも植えてみたものの他の植物に埋もれて『どれだか判らない!』。嬉々として植え直したツルマンネングサが育ってみたらどうも別のセダムの用だったり(怒!!
と、悲喜こもごも、いろいろありますが今年も頑張ります。

■早春のスノードロップ

(クリックで拡大です)
コレは上手くいきました、10月頃に球根を植えてみたスノードロップ!発芽率もかなり高く、ほとんどの球根から芽が出て開花に至りました。来年はもっと賑やかになるのかな?と今から楽しみデス。

■稲毛屋のリナリス

(クリックで拡大です)
1月末、通りかかった稲毛屋の店先にチョコンと置いてあったポット売りのリナリス。知らない花だけど可愛いね、と3色を1ポットづつ購入し、地植えにしてみたところ、次々に花をつけています!こうして写真に撮ると『キンギョソウの親戚』というのも頷けますね。

(クリックで拡大です)
茎が細すぎて、雨が降る度に『ヘニャー』と倒れてしまい、雨上がりに起きるのを手伝う手間はありますが、花殻を詰まなくても着々と開花してくれるのは助かりますね。

(クリックで拡大です)
残念ながらこの時期に開花しているリナリスは一年草とのコトですが、もう2ヶ月以上綺麗に咲き誇ってくれているので1ポット150円の元は取れました:)

というわけで勝手に自生している木々&地植え系のアレコレでした。
プランター&鉢でも『花かんざし』(かわいい!!)とか、ワスレナグサとか、いろいろ咲いているので、こちらはまた改めて。



文章と画像
GS
■今日のポチくん

(クリックで拡大です)
シダエリアの撮影中、様子を見に来たポチくん。
黙々と撮影していたので退屈したのか
そのままお昼寝zzz
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

Leave a Comment



 
06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

05

07


 
プロフィール
プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
カテゴリ
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター