talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

【2016春】 12インチ女性素体 ちょこっと考察(概ね無駄話と人柱レポート)


Category: ■12inch FIGURE■ > CUSTOM/MATERIAL BODY etc.   Tags: ---

!!!!警告!!!!
本記事は全裸の女性フィギュアが繰り返し登場します。
しかも各メーカー様の商品に対して苦言が飛び出したりもする恐れがあるので
念のため苦言&おっぱい飛び出し注意でお願い致します。
(言う程過激な内容ではアリマセン)


Phicenの新型シームレス素体登場で、にわかに活気づいてきた12インチ女性フィギュア関連商品ですが、軟質素材特有の『着せ付け難さ』と『摩擦による劣化』が気になり、従来の硬質系素材の女性素体で良いのが無いかな...と思っていた矢先、VERYCOOLPLAYTOYのヘッド付き素体が入荷していたので、どんなモンかな?と入手してみました。

ではまず、PLAYTOYから。最初の『土気色ボディ』から成形色が大幅に改善された他は特に変更点が無いようです。土気色ボディに関しては過去記事ご参照下さい→【PLAYTOY】女性素体簡易レビュー

相変わらず造りは粗いのですが、おっぱい感だけは決して悪くなく、

むしろファイセンを含めた各メーカーと比較しても唯一『オッパイへのこだわり』を強く感じさせる謎メーカー。
土気色版でギシギシ軋んだ関節は幾分改善され、ちょっと軋む程度に落ち着いています。(ただし相変わらずの出来である事には変わりありません)
今回の付属ヘッドは...まあ好みの問題だと思うのでノーコメント、記憶にございません。(なんでだよ)

で、前回の土気色版では『グラグラなりにホットトイズの現行ヘッドが簡単に載る』のもメリットでしたが

...土気色のほうが色が合ってた。まあコレは2代目ブラックウィドゥに限った話で、同じホットトイズでも顔の色はかなり幅があるので、今回のPLAYTOY素体に合うホットトイズヘッドがあるかもしれませんね。
※互換性で言えば、首が細いので載せるヘッドによっては多少の違和感も発生します。

とりあえず2代目ブラックウィドゥでは色が合わないので、KIMITOYSのヘッドを載せてみました。

これなら色の差は個人的に許容範囲内。(ボディに対しヘッドの黄色みが少し強いです)

上胴、下胴ともに軟質素材なので可動範囲はそこそこ広く。

※全裸レシーブご容赦!!
ただ太ももにロール軸関節が無いので、ペタんコ座り系のポージングは不可。

かつてクールガールでは初期版は膝関節でロール、ver.2では太もも軸に球体型のジョイントを採用し根元でロール、など試行錯誤が進んでいた箇所ですが、ホットトイズも現行女性素体ではロール軸関節を省略しているので、『ロール軸ナシ』が最近のトレンドと言えるかもしれません。

それと今回のPLAYTOY素体、胸先端部が彩色してありますが、パーカーを一度着せただけで色が落ちました。
更に腕に色移り発生!濃色系衣装は要注意です。

では付属のヘッドに戻して...

足首はボールジョイント接続ですが、脚側との隙間が殆どないため、実質『一軸可動』程度の可動範囲。
手首や足首の素材も改善されているようで、土気色ver.ほどの不安感はありません。

一応背面。

素材と造りは如何にもB級ですが、トータルすると決して悪くはなく(それほど良くもありません、念のため)
あまりに酷かった土気色が改善されただけでも、存在意義がグッと引き上がったように思います。

土気色ver.はヘッド無しのバストサイズ違い素体がラインナップされていたので、今回の肌色でも同じ展開に期待しています。
※土気色ver.の軟質素材部分の色味は一部のホットトイズヘッドに近いので、これはこれで使い道が無くもありません。

太ももロール軸無し、足首可動は実質一軸のみ、首が細め、関節が軋む、といったマイナス要素も多々あれど、
やっぱりなんだか憎めないPLAYTOY女性素体、10点満点の7点くらいあげたいと思います。

続きまして、VERYCOOL

上胴&下胴が軟質素材、腕&脚が硬質素材、と仕様はPLAYTOY素体と同じ。
ただしこちらは関節の素材が良いのか、軋み感はなく、造りとしては圧倒的にVERYCOOLが上です。

なんだけど、オッパイ感は残念賞レベル。(元々の造形もアレですが、パッケージ内で歪んでしまったようです)
足首はPLAYTOY同様のボールジョイント接続ですが、脚側との隙間があり美観は劣りますが可動範囲は確保されています。

引き続きKIMITOYSヘッドを載せてみます。

肌色の傾向もPLAYTOYに近いので、同じく大きな違和感ナシ。胴部の内部関節はこのVERYCOOL素体のほうがシッカリしていて、ポージングの保持力も問題の無いレベル、

狙撃手的な姿勢も楽々こなせます。(付属ヘッドに戻しました)
PLAYTOYのほうは内部関節(特に首)が緩いので、こういったポーズの保持は出来ません。

せっかくなので今回の2体の肌色比較も。向かって左がVERYCOOL、右がPLAYTOY(+KIMITOYSヘッド)

VERYCOOLのほうがやや血色の良い日焼け方向の色合い、比べてしまうとPLAYTOYのほうが具合が悪げ。
といっても基本的には似た色味なので、『誤差の範囲』といって差し支えない程度の差です。

VERYCOOLは関節も軋み等無くしっかりしているし、足首の可動範囲もボールジョイントの利点を活かせており、素材や造りは上々。
PLAYTOY素体同様『太ももロール軸無し』なのは個人的に残念ですが、素体としてのクオリティはそれなり。
オッパイ感があまりに残念なので、トータルするとPLAYTOYと同じく10点満点の7点くらい
ちょっと怖いアクション系女優調の付属ヘッドも悪くない出来映えなので、これはヘッド込みでこのまま活かそうと思います。
(このヘッド&素体で、衣装装備付きのミリタリーフィギュアセットも発売予定だったハズ、そっちを待つのも手ですね)

...と、ここまでは比較的穏やかな記事ですが、問題はこれから。

以下、ダメだコリャ部門。

JIAOUDOLL 1:6 SEAMLESS FEMALEBODY

某所で良さそうな話を目にして、『ふーん、そうか』と思い入手してみましたが、コレはダメだ。
Phicen調のシームレスボディ、樹脂製関節採用...とのコトですが、これが堅すぎて具合が悪い。Phicenのステンレス関節のほうが遥かに滑らかに動きます。悪い事にハズレ個体を引いてしまったようで、左肩に至ってはガッチリ固着して動かず!

普段ならドライヤーで温めてみるところですが、軟質素材を温めるのはあまりにリスキーなので
ダメ元!と、内部関節の骨折覚悟で思いっきり回したら『...パキッ』っと一応解決。(他の関節と同じくらいの堅すぎ具合に落ち着きました)

スタイル的にもなんだか微妙。

Phicenもスタイルや造形感に関しては割と微妙ではあるのですが、これはなんだかなあ。。。
色白過ぎて、12インチ系でちょうど良いヘッドを探すのも難儀、ドール系の頭を載せるにもスタイルが合うとは思えず、いったいコレは何用なんだろうか。。。

しかも、どういうわけか、性器だけは無駄にしっかり造ってあり(色も付いてます)、いったい何がしたいんだよコレ、何用なんだよ!!!

しかも!「…まあ色白で良さげなヘッドを入手したら使ってみるか...」と、気を取り直し、とりあえず手元にあるヘッドを試してみたところ、ジョイントが低過ぎてハマらない!!!


うぉおおおおおおおおお!!!!

...これも個体差?
(意外と冷静)


色白なシームレスボディが欲しければPhicenのペールがあるし、お色気ドール的なシームレスボディなら東京ドールがあるし、このJIAOUDOLLには存在意義が見当たりません。。。

※東京ドール素体は未体験。旧々ラジオ会館で実物を拝見しましたが、なんだか非常〜に危険なエロ系オーラが漂いまくっていて、そのまま見送り中。いずれは1/6と1/4を入手してみようかな、どうしようかな、くらいの雰囲気。今年こそ挑んでみるか!

もう一つ、最近のダメだコリャが『Kumik』。
元々、コリアンプラスティックな顔立ちがイヤで永らく関わらないで居たのですが、amazonにて『うーん。コレならいいかな?』と思えるヘッドがあり、素体と合わせて注文→結局激しく後悔。

う〜ん。やはり第一印象の『関わらないでおこう』は間違っていなかったような気がします。

っというわけで、ここ最近入手してみた女性素体関連の諸々でした。

シームレスボディの「着せ付け難さ」から始まった非シームレスボディの模索ですが、今回のPLAYTOY素体もVERYCOOL素体も『胴部は軟質素材』なので、結局スルッとは着せ付けられず、それなら可動が全域滑らかなPhicenシームレスボディで良いような気がしてきたり...(汗
とは言え、どちらも決して悪くないので、露出の少ない物など担当衣装が決まり次第、またアレコレ撮影してみようと思います。


今日の結論。

ヘッドが好みであればヘッド込みでVERYCOOL、
ちょうど良い手持ちのヘッドがあればオッパイ感込みでPLAYTOY。
※PLAYTOYは相変わらず造りがやや粗いので、安直にオススメは出来ません。
覚悟の上であらば是非!




文章と画像
GS
毎度書いていますが、やはり『気に入っているヘッド』ありき。
どれだけ素体が優れていようと、気に入っているヘッドがなければ意味無しだと思うので、
引き続き『これだ!』というヘッドを探し続けようと思います。

賛否両論ありそうな

この人も先月、恐怖の前倒し販売で到着しているので
また改めて。

関連記事

web拍手 by FC2

Comments

♪いろんな素体があるんだな 
こんばんは。

最近はPhicen素体と遊ぶことが多いのですが、気になる点はご指摘の通り。

各メーカーとも新素体はいろいろ改良しているのですね。
勉強になりました。
 
 
黒江さん、こんばんは

ですよね、着せ付け難さ&摩擦での劣化。
しかも、ふと「プニョプニョしてて気持ち悪いなコレ...」と思うコトもしばしば。
可動の滑らかさは本当に良い感じなんですけどね。
硬質素材系で何か決定版的な素体が登場してくれる事を願っております。
 

Leave a Comment



 
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール
gunshrimp プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター