talkin' in the sleep

プレイモービル、12インチフィギュア、ドールミニチュア関連の趣味ブログ。

【エンブレイスジャパン】SIGRED OF THE THORN 荊のジーグリッド


Category: ■PVC"動かない"フィギュア■ > PVC"動かない"フィギュア   Tags: ---
...魔女...魔女...あ!アレまだ開けてなかった!っとストック山から発掘してきました、
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
エンブレイス ジャパン SIGRID OF THE THORN 荊のジークリッド
随分前に掲載した同社のDURAM SHERIF-鉄姫-と同じシリーズ、これが第四弾。(イラストレーター広瀬総士氏とのコラボレーションによるエンブレイス ジャパン完全オリジナルフィギュアシリーズ)

まずは水平垂直、真正面から。
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
うん!スゴくイイ!!



以上、エンブレイスジャパン 荊のジークリッドでした!





なんちゃって、まだ続きます。以下、レビューというにはおこがましい、今頃になって開けてみたよレポートになります。

御本人
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
深淵の森から参戦の妖艶な魔女、との事。ホント『妖艶』の一言に尽きる怪しげな色気満載。
イラスト忠実再現ゆえか、顔の造形に破綻も見受けられますが勿論問題ナシ。
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
ちょっとバタ臭い感じがまた良いですね:) 衣装の雰囲気、質感も絵画的なニュアンスでジーグリッド本人の肉感と相まって独特なトーンを醸し出しています。
なおパーツ形状と素材の都合か、衣装のお腹部分が浮いてしまうため裏面に両面テープが貼られています。
■背面
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
スカート部分が別パーツのため、隙間が出来てしまいました。もう少し押し上げてやれば何とかなるのかな???

『箒に跨がり浮遊しようとする瞬間』らしく、スカート部分が膨れ上がっています。
...で、見る角度によってはお尻が丸見えなんですが:)(※下着は着用していません)

そもそも(?)「魔女とホウキ」の関係は非常に性的、元々は中世ヨーロッパの農民女性が夜な夜な集まり、媚薬を塗った棒を股間に擦り付けていた(らしい)事が転じて『魔女はホウキに跨がり空を飛ぶ』という荒唐無稽なイメージが、いわゆる魔女狩り・魔女裁判の横行している間、まことしやかに語られていたそうです。

ちなみに他にも魔女にまつわる荒唐無稽な妄想は数知れず。PINK FLOYDのThe Wallでお馴染みのヴァギナ・デンタータ(有歯膣)で男性器を食いちぎるとか、魔女は男性器を人体から取り外して持ち運べるなどといったバカバカしい妄想の数々が当時の魔女狩りの聖典『魔女の鉄槌』に掲載されており、キビしい禁欲生活で頭がおかしくなった(?)聖職者達はそれを真に受け居もしない魔女を恐れ忌み嫌い、疑いのある女性を処刑し続けていたと言われています。

※何処までホントの話か判りませんが、学生時代に澁澤龍彦氏のエッセイや、その手の文献を読み漁っていたので『リアル魔女』はやや得意分野です。

っと、そんな無駄な豆知識はさておいて。

■土台
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
鉄姫の土台は至ってシンプルでしたが、こちらはかなり情報量が多く、足元で渦巻く水溜りに
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
使い魔?のカエル、
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
偶然居合わせてしまったサワガニ...じゃなく、カニも使い魔なのかな:)
位置、ポーズからして、何かに驚いているようで...ハハハ。

...いや、もしかしたら、このサワガニの暗黒魔法『パ・ンツーマ・ルミエ』発動→スカートが脹らみ持ち上がる→『え!パンツ履いてねーのかよ、つまんねーな!』...というシーンなのかもしれません。(どんなだよ)

ほら。
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド

それはさておき(汗
鉄姫土台のカエルもイケてましたが、完全オリジナルのキャラクターという事もあり色々想像を掻き立ててくれる情報量の多い土台が嬉しいですね。情報量は勿論、色が多いのも大吉、毒のある華やかさも絵画的なニュアンスを深めています。

■キャストオフ
衣装の腰周辺が接着されているので全裸にはなりませんが、パッケージにはスカート未着用の状態で封入されており、一度片脚を外しホウキを股間のダボ穴(大汗)に固定、脚を差し込み直し、スカート部を取付ける段取りになっています。
中身はこんな感じ。←テキストクリックで画像表示です。
※念のため殆ど全裸女性フィギュア注意。

■というわけで、総括。
エンブレイスジャパン 荊のジークリッド
同シリーズの鉄姫と全く作風の異なる顔だちが少し気になりますが(並べて飾っても統一感ナシ)、フィギュア単体としては凄く気に入っています。

今年10月発売予定のブラックフードベノア登場に伴い、遂に『想像にお任せします』ではない詳細設定やらコミック展開が進み出しているようで、個人的には非常〜に残念
やっぱり設定云々を用意してもらったほうが馴染み易い人のほうが多いのかな。。。
やや陳腐なシリーズになってしまった感があります、いや、あくまで個人的に。



文章と画像
GS
初代ディアボルス、鉄姫も所有しているので
ディアボルス・アングレイトも探してみようか、どうしようか。

関連記事

web拍手 by FC2

Comments

Leave a Comment



 
04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール
gunshrimp プレイモービル、アクションフィギュア、ドール、ミニチュアなど黙々と撮影してます。色んな夢が詰まってるよ!

画像の転用・転載は基本お断り、転載される際には記事へのリンクなどのご対応をお願い致します。
※無断商用利用は禁止とさせて頂いております。


author:GS
ただ我が道を行く玩具狂。
写真をメインに色々承っております。

各お問い合わせは
gunshrimp●mac.comまで
●を@にご変更の上、
送信お願い致します










 
 
最近の記事+コメント
 
Tree-Arcive
 
 
検索フォーム
 
 
FC2カウンター